忍者ブログ

栃木県宇都宮市のトリミングサロン・スィートドッグズです! 犬の立場に立ったトリミングで、小さな幸せのお手伝い ❤

   
カテゴリー「my sweeties」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 久々の登場MANAくん!
わが愛しのマナくん、元気です!!

人の足元に来ては、お腹を撫でなさい!と命令をする、オレ様なのです(-_-;)

神経質な所があるので、いつもお店にいるのですが、お客様ワンコとは一緒にはさせていません(/_;)
お客様とのコミュニケーション係は、無神経のダイアが担当です(笑)

 昨年の夏に、こんなことがあったので、時々、お客様からマナくんは元気?と、気にして頂いて、ちょっぴり恐縮しつつ、とっても嬉しく思っています。

てんかん発作は、あれから全く起きていないので、一安心。
持病の腰椎の椎間板ヘルニアが、寒さのせいか最近痛むようなので、温かく過ごさせています☀

お風呂もブローも、とっても大好きだったのに。。。
最近は、神経質な性格に磨きをかけて、ちょいワルオヤジに変貌しつつあり(-_-メ)
腰に不安があるせいで、臀部や後肢のシャンプーやブロー時に、唸ったり歯を見せることが増えてきました(>_<);

私のトリミングライセンスのモデル犬として、仔犬の時から毎日トリミングマナーを入れてきたマナは、トリミング台の上では本当に従順で、トリミング=おやつと訓練してきたので、トリミングが大好きなワンコでした(*^_^*)

それでも、持病を抱え、触られることへの不安や痛みがあるせいで、家族である私にも唸ったり、自分をかばうような様子をみせるようになってきました。

家族にとって、扱うトリマーにとっては大変な問題行動ですが、それがマナの意思表示。
本当に気をもむ性格&手のかかる体質だけれど、かわいくてしょうがないのです❤

お客様のワンちゃん達も、それぞれに、怖がっていたり、他人になれていなかったり、苦手な事があったり、痛い場所があったりする時に、嫌がったり咬みつこうとするコも、沢山います。
言葉を持たない犬にとって、それは意思表示。
トリミングを行う中で難しいこともありますが、単なる問題行動としてではなく、ワンちゃんの動きや表情1つ1つをちゃんと受け止めて理解してあげたいと思っています。

家族ではない私たちが、1頭1頭の個性を理解するのにも、ワンちゃんに私たちを信頼してもらうのにも、時間がかかります。

お客様の大切な家族と向き合う時間、自分の犬達を想うように、向き合ってまいります。
トリミング中の苦手な事や、気付いたことなど、その都度お伝えしております。
お客様にも、お家での様子や好きな事、苦手な事など、教えて頂けると嬉しく思います♫

拍手[7回]

PR
向かって左がウチの次男のBEEくん、右が長男のCIGAR くんです❤

ビーくんももうすぐ10歳、シガーくんは11歳半のシニアで、お顔も白くなってきました。
ビーくんは元気いっぱいですが寝ている時間が長くなってきて、白内障が始まっています。
シガーくんは昨年末から全く目が見えなくなってしまって、いろんなことがおっくうになってきました。
後ろ足が弱ってきて、散歩中も少しよたよたです(>_<);
 
年齢を重ね、皮膚や被毛の代謝が衰えて、人間同様に、体臭がきつくなったり、フケが多くなったり、毛艶が落ちてきたり色々な変化を感じています。
今まで以上に、皮膚の健康を維持できるように、保湿効果のあるケアが必要になってきました。

かなり前になりますが、高齢犬で持病があり、今まで通っていたサロンでのトリミングを断られてしまったという方からのお問い合わせを頂いたことがありました。
長くお付き合いをしていたお客様をお断りするということは、ワンちゃんを安全にトリミングすることが難しいと判断したのだと思います。

せっかくのご相談でしたが、命を守ることを優先したいと思い、後ろ髪をひかれる思いで、動物病院でのトリミングをお勧め致しました。
電話を切る際に、「犬を飼いにくくなりますね。」とおっしゃられ、今でもその言葉が頭から離れません。

自分の犬達の老いを感じるほどに、その方のお力になれなかったことも残念ですし、その犬にとって最善の選択だったのか。でも、トリミング中にもしものことがあった時、私が救ってあげることはできない。・・・今でも葛藤しています。
そして、怪我をさせてしまったり、体調を崩してしまったりしたときには、トリマースタッフにとって、大きなトラウマになることを考えると、どうしても慎重になってしまいます。

定期的にsweet dog'sをご利用いただいているわんちゃんは、年齢を重ね、持病を抱えても、オーナー様との十分なコミュニケーションをとらせて頂いて、生涯、できる限りトリミングをさせて頂きたいと願っています。

お付き合いをさせて頂く中で、毎回のトリミング時の様子を観察し、その犬の個性を知ることで、犬が弱ってきた時に、なおさら、その経験やカルテを生かすことができます。

年齢を重ねたり、持病を抱えるようになった場合、年に1・2回のご利用のワンちゃんや、ご新規のワンちゃんの場合には、お断りさせて頂くこともございますが、ワンちゃんの体調によるトリミングへの心配事やご相談がある時には、お気軽にお電話をください。
ご足労をおかけしてしまいますが、わんちゃんの様子を見させて頂いてから、お預かりできるのかどうか、判断をさせて頂きます。

その際は、かかりつけの獣医さんに、シャンプーやトリミングをしても大丈夫かどうかを確認していただき、犬の扱いで特に注意することや、観察すべきことなどを、教えて頂きたいです。

みんなみんな、歳をとります。
足腰が弱くなったり、目が見えなくなったり、いろいろな疾患を抱えていきます。
そうなった時のことも踏まえると、仔犬の時期から、トリミングに慣れさせることがとても重要だと感じています。
トリミングでどんなことをされるのかを理解させることや、家族と離れて過ごす経験を積んでいく事で、年齢を重ね、体調に不安を抱えても、精神的な負担を軽減することができます。

お互いを理解し合い、少しでも不安なく、負担なく、生涯トリミングと付き合っていけるように努めていきたい。
sweet dog'sのトリミングが、わんちゃんの小さな幸せでありますように❤

拍手[13回]

 
意味不明のもしゃもしゃだったダイアくん。
フェルト状態で選択肢がなく、丸刈りのヘナチョコリンにされてしまったダイアくん。

らふわふにつないでもらった命が、毎日私のそばで、ヘラヘラとキラキラと輝いております★

1日のうちの22時間は、いっつも一緒にいるダイア。
アホすぎて、癒されまくりです。。。


「スタッフの腕を磨くのと、お客様ワンコとプロレス…じゃなくてお出迎えするのが、ボクチンのお仕事なんだよー」

sweet dog'sの看板犬として、お勤めに励んでおりまする!
もっともっと、磨いたるーーーーー!!

拍手[14回]

5529aee2.jpg2013年8月12日(月)~16日(金)は、休業させていただきます_(._.)_

17日(土)より、通常通り営業させて頂きます!
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします!(^^)!

私の夏休みは、カワイイカワイイ4頭のわんズのために❤
癒して癒されて、充電してきます☀

お盆休み中は、動物病院も長期のお休みに入ります。
猛暑が続きますので、熱中症対策は万全に☆
体調に不安のあるわんちゃんは、先延ばしせずに、早めに受診してあげて下さい(*^_^*)

↑てんかんの重積から脱して、完全復活ぎみの3男マナくん。
この写真は2歳の頃。
3歳まではまっくろくろのプードルでした(p_-)

3歳を過ぎてから、徐々に退色し、今は青みがかったチャコールグレーの毛色で、分類的には、ブルーのプードルです(・へ・)!

トリミングのコンテストに出た時や、プードルの交配を希望されている方から、ショータイプのブルーのカラーというだけで、種オスとして、高い交配料を受け取れると甘いお誘いがありましたが、断り続け、結局1度も仔犬はとらずに去勢をしました。

自分の大切な犬にあかちゃんができたら、どんな環境で飼育されるのか、病気をしても怪我をしても十分なお金と愛情をかけてもらえるのか。
家族として生涯、手放されずに愛しんでもらえるのか。
不安で不安で決断できませんでした。

交配の申し込みを頂いたこともありましたが、全ての仔犬の引き取り手と会わせて頂けるのか、生まれた仔犬の先の一生まで、幸せにしてあげる覚悟があるのかと話し合った結果、納得のいくお話ではなかったため、お断りをさせて頂きました。

7歳になるまで、マナにてんかんの持病があるとは全く知らなかったので、今となっては、慎重な判断ができて、良かったと思っています。

トリミングライセンスを取得する際、上級ライセンスを目指すときには、モデル犬としてバランスの良い犬を持たなければ、犬を見る目がないと判断され、審査員の目を引くことができません。
そのために私は、ショータイプのプードルを必要とし、生まれる前からお師匠様に予約をして、やっと手に入れたプードルがマナでした。

ドックショーで活躍してきた血統で、こだわった交配をして生まれてきたマナでさえ、てんかんの素因を持っていました。
動物をペットショップに流通させているブリーダーの商業的交配や、一般家庭の交配は、さらに大変なリスクを抱えています。

sweet dog'sをご利用いただいているわんちゃん達も、遺伝性疾患を抱えているわんちゃんがとっても多いです。
オーナー様が気づかない程度で、骨格構成に不安のある犬(特に小型犬)も、本当に多いです。
利益を追求する商業的な交配や、流行を追う交配により、犬の「質」は、低下しているといわれています。

健康なわんちゃんでも、交配の仕方についてのご相談を頂くこともありますが、お力になれない。なりたくないというのが正直なところです。

生まれてくる犬達ができるだけ健全であるように、リスクを回避しながら交配することは、知識だけでなく、経験と代々に渡る系統まで知らなければなりません。

遺伝性疾患を広めないために、こだわって交配をしているブリーダーは、トップブリーダーの中でもほんの一握りといわれています。

犬を大切に思えばこそ、生まれてくる仔犬たちが、できる限り健全に生涯を全うできるように、重々な配慮が必要です。
私たちも、仔犬をを迎えるとき(生ませる時)には、健康な犬であることを望むはずです。
そして、重大な疾患を抱えた犬の飼育には、ケアにかける時間と、経済的に大きな負担を抱えることにもなるため、それなりの覚悟が要ります。

自分で生ませた犬、迎えた犬は、どんな犬でも愛しめば愛しむほど、大切な存在に違いありません。
だからこそ、遺伝性疾患を蔓延させないために、知識を深め、慎重に判断をしていただきたいと願います。
 

拍手[14回]

0c86805b.JPG愛しの3男坊マナくんです❤
ショークリップを卒業(T_T)して、カットダウンしちゃいました!!

7月11日、マナくんはてんかんの重積状態に陥り、重積状態から4日抜け出せず、全身麻酔で眠らせながらの治療をしていました。

7歳のマナですが、一度もてんかんの発作を起こしたことがなく、てんかんの持病があるとは思ってもみませんでした。

その時まで、いつも通り元気だったマナが、寝たきりで意識もないまま、バタバタともがく姿を見たとき、正気を失いそうになりました。
病院で治療の説明もされても、返事もできず。。。
てんかんの持病があり、犬の重積の経験のある、らふわふボスに泣きついて、冷静な判断のできない私と一緒に、先生の説明を聞いてもらいました。

てんかんは、死に直結する病気ではないけれど、重積状態が長く続けば、大変危険なことだと初めて知り、いくら調べても、重積状態は、1日・2日程度の例しか見当たらず。。。

48時間が過ぎたとき、マナとはもうお別れするかもしれないと覚悟をしました。

IMG_2278.JPG自分でも不思議でしたが、自分の犬の死を意識したとき、やっと冷静になって、今自分にできる事をするしかないと考えられるようになりました。

マナと暮らしてきた時間は私にとってほんの数年間だけれど、マナにとっては、それが一生。
私がマナにしてあげたことがすべて。
マナにはそれしかない。

マナの体重管理にも被毛の管理にも気を配り、たくさん散歩をして、大きな公園やドックランで思いっきり走って、お日様の下でたくさん遊んで、フードにも、おやつにもこだわって、心から愛しんできました。

私も、私の犬達も、いつ死ぬかなんてわからない。今日かもしれないし、明日かもしれない。
生きていれば、いつかは死ぬのだから。どう生きたか。
そっちの方が重要なのだと、自分に言い聞かせました。

障害が残っても、寝たきりになっても私のもとに帰ってきてほしいと、いくら望んでも、泣き叫んでも、私にマナを救う術はありません。
昼夜、寝ずにマナの治療をしてくださる先生を信頼し、祈るばかりの日々でした。

意地悪マナは、やっぱりイジワルで、4日目復活(T_T)!!
5日目以降は、合併症でさらにハイリスクと思っていたから、天にも昇る気持ちになりました☀
10日目に、よろよろ歩けるようになって、無事、元気に退院しました♪

私の犬達のことで、お客様にご心配をおかけしてはとも思いましたが、思い切って、マナの記事を書いてしまいました。
てんかんの持病のあるワンちゃんや、いろいろな持病を抱えたわんちゃん達を日々、お預かりしています。
大切なわんちゃんが体調を崩したり、急に病気になったりした時に、よくご相談を頂きます。

私が、今回のことで、冷静にマナと向き合えたのも、仕事を続けることができたのも、大切な犬達のことで不安を抱えている方が沢山いることを知っていたからこそ。
sweet dog'sのお客様のおかげで、辛いのは自分だけじゃない。大切な存在だからこそ、辛いのは当たり前なのだと、自分に言い聞かせることができました。
そして、重病を抱える保護犬たちと接してきたことも、支えになりました。

生き物を飼うということはそういう事。
病気になる事もある。突然死に至ることもあるかもしれない。
いつ、自分の愛犬がそうなるかなんてわからない。

だからこそ、1日1日を大切に。

犬達が体調を崩した時のリスクを軽減するためにも、体調管理にベストを尽くし、特に体重の管理に気を付けてあげて下さい。
何かおかしいな?と思ったら、ちょっとのことでも先延ばしにせず、動物病院で診て頂いてください。
言葉を持たない犬達は、ちょっとくらい、体調が悪くても、伝える術を持ちませんから。

突然・重篤な事態になることもあれば、いつか、お別れをする時が来ます。
その時に、自分を支えらるのは、命あるものと暮らす覚悟と、後悔のない幸せな日々の積み重ねだと、身をもって実感しました。

この場を借りて、マナを救ってくださった先生・スタッフ方々、マナのために病院やお店にお見舞いに駆けつけて下さった方々、ご心配や励ましの連絡を下さった皆様にそして、笑顔で支えてくれたsweet dog'sスタッフと励ましのお手紙を下さったトモちゃんママに、マナが元気になったご報告と、心から、心からのお礼を申し上げます_(._.)_
 

拍手[14回]

  
里親募集中の保護犬たち
sweety's NOW!!
愛犬家要チェック!!
sweet❤dog'sは、らふわふさんを応援しています!
LaughWoofバナー
わんちゃんを迎えようと思われた時には、里親になるという選択肢もあります! みんな、あなたの隣にいる愛犬と同じように、心があり意思があり、温かい家族を待っていますよ~❤
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[01/16 イチローママ]
[01/14 ルカパパ]
[09/29 yakko]
[09/20 ルカパパ]
[09/20 ルカパパ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ai
性別:
女性
職業:
トリマー
趣味:
自己紹介:
trimmingsalon 
sweet❤dog'sオーナー
Мダックスのcigarとbee
Tプードルのmanaを溺愛


バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  -- sweet❤dogs --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]